今後重要視されるTOEIC対策として英会話を学んでいく

比較する

様々な勉強法を比較する

TOEICは各企業が一定の点数以上を昇進条件として設定しているところが多く、英語をマスターして世界で活躍できる人材をつくることに必死です。TOEICはこれまで長年学校で勉強してきた英語と異なり、TOEIC対策に特化した勉強法が効果があります。まずリスニングとリーディングの2つのパートから分かれており、試験時間も2時間と非常に長丁場です。そのため実際の時間をはかっての訓練も必要です。勉強法として一番多いのは市販のTOEIC対策問題集を購入して独学で勉強する方法です。お金もかかりませんし、空き時間を利用できるのがメリットです。ひたすら問題を繰り返し解いてパターンをマスターすることが高得点につながります。特にリスニングは解き方をマスターすることが良いです。

公式問題集の活用について

リーディングはとにかく読むスピードが必要です。これも何度も問題にあたって読み解く速さを身に付けるしかありません。わからない単語が出てきてもどんどん読んでいくことも大事です。独学でなくてもしっかり学びたい方は英会話スクールでもTOEIC対策講座が実施されています。わからないところをその場で質問できるのがなによりのメリットです。どの勉強法でも最後に仕上げとして使いたいのが公式問題集です。これはTOEIC対策のベストな問題集で本試験に直結するといっても過言ではありません。これを時間をはかって何度も繰り返し解くとかなりの力が付きます。もちろん間違えたところは何度も繰り返してマスターすることが必要です。

↑ PAGE TOP