今後重要視されるTOEIC対策として英会話を学んでいく

今後必要となるスキル

英語の地位は確立しているので、ビジネスマンの必須ツールとして英会話をマスターする必要がある。

世界経済が相互に依存している現在の状況では、日本においても輸出入を中心としたグローバルな環境の中でビジネスをしていかなければいけません。他国とのコミュニケーションに欠かせないツールが英語という言語です。英語は英語圏の言語としてだけではなく、英語を母国語としない国民同士がコミュニケーションをとるための言語にもなっており、その地位は多言語でははるかに及ばない高みにまで到達しているといってもよいでしょう。したがって英会話は世界中のマーケットで意思疎通を図るためにビジネスマンがまず身に付けなくてはならない必須科目といってもよいかもしれません。ビジネスマンにとっては英語による文献を読み取れることももちろん必要ですが、まずは英会話を意志の疎通が取れるレベルにまで上達することが急務です。

ビジネスマンにとって必要なのは日常会話ではなく、交渉などの高度なコミュニケーションスキルです。

学生とは違うので、ビジネスマンにとって長期のスパンで悠長に英会話を学習するというスタンスをとることはまず無理でしょう。日常の隙間時間を有効に活用してビジネスにも通用するレベルの英会話を短期間で身に付ける必要があります。学生のように試験でよいスコアを取ることが目標ではないので、交渉などのコミュニケーションの場で、いかに相手との意思疎通を図り、相手の感情を惹きつけるかといった真のコミュニケーション術をマスターしなければなりません。英会話を学習するといったレベルではなく、英語による交渉術を訓練するレベルでの学習訓練が必要になります。それにはまず、日頃の仕事現場において英語で進行させたらどうなるだろうかといった問題意識を普段から持ち、自分に必要な英会話の文章をノートに書き溜めておくことをお勧めいたします。

↑ PAGE TOP